PR

ニュース プレミアム

【CMウオッチャー】カルビー じゃがりこ 川口春菜さんで「平成」振り返る 

カルビー・じゃがりこ「平成ヒストリー」篇の1カット。「今」を代表する川口さんには「令和01年」の表記
カルビー・じゃがりこ「平成ヒストリー」篇の1カット。「今」を代表する川口さんには「令和01年」の表記

 改元に向けた準備が進む中、カルビーのスナック菓子「じゃがりこ」が、女子高生にはやったファッションで平成を振り返るCMを期間限定で公開した。女優の川口春奈さん(24)が新元号「令和」の文字とともに登場、新しい時代の訪れを盛り上げながらも、知ってる人には懐かしく、知らない人には印象的に仕上がっている。

 カメラをまっすぐ見つめる女性が、じゃがりこを食べるのに合わせて「じゃがりこ、じゃがりこ、じゃがりこ、じゃがりこ」と商品名が連呼される-。平成7年の発売時に流されたテレビCM「正しいいも」篇は話題を呼び、「当時は、まねをする人が続出した」と広報担当者は話す。

 構図はそのままに、じゃがりことともに平成を振り返ってもらい、平成を代表するお菓子として認知してもらいたいと企画されたのが「平成ヒストリー」篇だ。

 川口さんが登場後、若い女性が当時流行したファッションや化粧で現れ、黙々とじゃがりこを食べる。時の移ろいは画面右端に当時の商品パッケージとともに表示され、「こんな感じだったっけ?」と思い起こさせてくれる。CMの最後には再び川口さんが登場、新元号「令和」の文字とともに「これからも」と一言。時の流れのように、じゃがりこも続くんだなと安心感を与える仕上がりだ。

 このCMがテレビで見られるのは4月末まで。令和を迎えてからはネットのみでの掲載となるという。

 川口さんのCM起用は2度目。1度目は25年、商品のメインターゲット層の女子高生だったことから、フレッシュな魅力でアピールしてほしいと起用が決まった。今回は「じゃがりこが発売した年の生まれで一緒に成長してきた川口さんに、大人の魅力でアピールしてほしい」(広報担当者)がねらい。

 川口さん1人で正しいいも篇を完全“復活”させたCMが「あのCM再び」篇。「じゃがりこ、じゃがりこ…」と商品名を連呼するリズムに合わせて食べ進む川口さん、最後に見せる笑顔が印象的だ。

■「平成ヒストリー」篇

■「あのCM再び」篇

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ