PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】ガルシアだめなら緊急補強…手遅れにならないために

 Vの使者と期待したはずが、とんだ…。そうならないことを祈るばかりです。と同時にもしも3度目もダメなら阪神球団首脳は一刻も早く次善の策を打つべきです。策が遅れれば遅れるほど、苦境に立つのは矢野新監督です。ファンはしっかりとみているはずです。阪神球団の経営者がどうするか…を。結果責任を問われるのは監督ではなく阪神球団の中枢になりますね。

    

 【プロフィル】植村徹也(うえむら・てつや) 1990(平成2)年入社。サンケイスポーツ記者として阪神担当一筋。運動部長、局次長、編集局長、サンスポ特別記者、サンスポ代表補佐を経て産経新聞特別記者。阪神・野村克也監督招聘(しょうへい)、星野仙一監督招聘を連続スクープ。ラジオ大阪(OBC)の金曜日、午後10時から「NEWS TONIGHT いいおとな」(http://www.obc1314.co.jp/bangumi/iiotona/caster.html)の『今日のトラコーナー』や土曜日午後6時45分からの「まさと・越後屋のスポーツ捕物帳」(http://www.obc1314.co.jp/bangumi/okini/)に出演中。「サンスポ・コースNAVI!」(http://www.sanspo.com/golf/tokushu/golf-t24944.html)ではゴルフ場紹介を掲載、デジタルでも好評配信中。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ