PR

ニュース プレミアム

【TVクリップ】テレビ朝日「緊急取調室」 天海祐希 初の3シーズン続けての主演

取調官の真壁有希子(天海祐希)は、さまざまな事情を抱えた犯人達と対峙する
取調官の真壁有希子(天海祐希)は、さまざまな事情を抱えた犯人達と対峙する
その他の写真を見る(1/4枚)

 取調官の真壁有希子が、取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる人気作の第3シーズン。「同じドラマを続けるより、いつも違うことをやりたくなってしまう性分なので、3シーズン続けての主演は初めて」という。引き続き、上司役の田中哲司や同僚刑事役の小日向文世、でんでんといった一癖も二癖もある魅力的な“オジサマ”たちも出演する。「気心知れたメンバーと一緒に共演できることが楽しみだった」と話す。

 第2シーズンまで、昨年亡くなった大杉漣(れん)が同僚刑事としてレギュラー出演していた。現場でアドバイスをもらうこともあり、先達として大きな存在だったという。「『漣さんだったら、きっとこう言ってくれただろうな。こうされただろうな』と思うことを、きちんとやっていきたい」と涙をこぼしつつ、前を向く。

 演じる真壁は、多少融通が利かないところはあるが、正義感が強く有能な女性刑事。警察官だった夫は殉職しており、その真相を追い続けてきた経緯がある。そのため警察組織を信用しきっていない一匹オオカミのようなところがあったが、シリーズが続くにつれ、唯一キントリのメンバーには心を許して信頼を深めてきた。

 作中で何より白熱するのは、容疑者と対決する取り調べのシーン。狭い空間で、容疑者役のゲストと息もつかせぬ台(せ)詞(りふ)の応酬で相対するのは、とても緊張するという。「お互いの気持ちの流れがあってストーリーが生まれるので、それを途切れさせてはいけない。舞台での生のお芝居の感覚に近い」と話す。「恐怖や緊張感がある半面、撮影後の充実感や達成感もある。実際、ゲストの皆さんにも『緊張したけど、すごく楽しかった!』と言ってもらえる」として、「今回も、その緊張感あるお芝居を楽しんでほしい」と意気込む。

 今シーズンでは、容疑者だけではなく、さまざまな立場の“油断できない女たち”が登場。キントリチームは翻弄されながらも、必死で“事件の裏にある真実”に食らいついていく。「犯罪が多様化する中、キントリが扱うさまざまな事件を見て、実際の犯罪に対する警戒心を養ってもらえたらうれしい。1話完結なので、どこからでも、楽しんで頂けると思う」と笑った。 (三宅令)

 あまみ・ゆうき 昭和42年、東京都出身。62年に宝塚歌劇団に入団し、平成5年、月組の男役トップスターとなる。退団後はテレビや舞台、映画など多分野で活躍し、ドラマ「女王の教室」(日本テレビ系)、「BOSS」(フジテレビ系)など、主演を多く務める。映画「最高の人生の見つけ方」(今秋公開予定)に出演。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ