PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「フーテンの寅」ならぬ「不振の虎」は激痛だらけ

巨人戦のベンチでさえない表情の阪神・矢野監督=東京ドーム
巨人戦のベンチでさえない表情の阪神・矢野監督=東京ドーム

 藤浪開幕2軍に続く高山2軍降格。そして梅野骨折&新外国人・マルテの現状は…。これだけ激痛だらけでは勝てませんよ!! 矢野阪神は開幕2連勝の後、巨人に3連敗を喫するなどチームは苦境に陥っています。6試合終了時点で2勝4敗の最下位。チーム打率1割8分3厘、得点11、失点28はいずれもリーグワーストです。藤浪晋太郎投手(24)が開幕ローテーションから外れ2軍行きの誤算、4日には高山俊外野手(25)が打撃不振で2軍落ち。梅野骨折のアクシデントの上にマルテはどこにいるんだ? フーテンの寅さんならぬフーシン(不振)の虎に阪神ファンのため息は深くなるばかりですね。

心細さ募る先行き…数字はリーグワーストばかり

 国民栄誉賞にも輝いた名優・渥美清が演じる松竹映画『男はつらいよフーテンの寅』で寅さんの名セリフ!?は「オイちゃん、それを言ったらおしまいよ」でしたね。それをなぞらえて今の『ファンはつらいよフーシン(不振)の虎』で表現するなら「矢野ちゃん、それをやったらおしまいよ」ではないですか…。

 わずか開幕6試合、まだまだペナントレースはこれからなのに、なんだか先行きへの心細さばかりが募る阪神の戦いぶりです。ヤクルトとの開幕カードでは幸先良く2連勝を飾ったものの、3戦目を落とすと、敵地・東京ドームでは3連敗。阪神の巨人戦同一カード3連敗は2018年7月16~18日(甲子園球場)以来で、東京ドームでは15年8月18日~20日以来。シーズン最初の巨人3連戦に限ると、1991年4月9~11日(甲子園球場)以来28年ぶりです。

 6試合終了時点でのチーム成績は2勝4敗。得点11、失点28、本塁打2本、チーム打率1割8分3厘はいずれもリーグワースト。チーム防御率4・58は5位(6位はDeNAの4・64)ですね。極度の貧打に加え、投手陣も崩れては勝てる要素を探す方が難しいでしょう。そして、冒頭のノンフィクション劇場・フーシン(不振)の虎!?の迷セリフ「矢野ちゃん、それをやったらおしまいよ」はこれから説明しましょう。

藤浪再生へ…胸を刺すOBの言葉

 このコラム(3月17日アップ)では「藤浪の開幕2軍は激痛!! 再生なければ各方面に悪影響及ぶ」と書きました。阪神入団後3シーズンは連続2ケタ勝利。2015年には14勝(7敗)をマークした右腕は16年以降低迷し、今季はプロ入り後初めて開幕ローテーションから外れました。春季キャンプやオープン戦で藤浪再生に努力を重ねたとは思いますが、処方箋を見いだすことはできず、特効薬を授けることもできずに開幕時の戦力には加えられませんでしたね。

 しかし、藤浪は2軍に落とせば再生への道筋を見つけることができるのでしょうか。「藤浪は絶対に1軍に置いておかなければならない投手だ。1軍でリリーフでもいいから投げさせないといけない。1軍で成功体験を重ねてこそ復活する。2軍でいくら成功しても本当の自信にはつながらず、同じことの繰り返しになるだけ」という阪神OBの言葉が胸を刺します。この阪神OBは藤浪の2軍落ちという人事こそ「現在の1軍首脳陣の責任逃れ。何が何でも藤浪を再生する、という覚悟が全くない」と糾弾しているのです。

 さらに激痛が次々と襲います。4日には高山が打撃不振で2軍落ちしました。高山は16年ドラフト1位でいきなり新人王にも輝きました。東京六大学時代は安打製造機と呼ばれ、チームにとっては将来の主軸を任せる逸材だったはずです。ところが昨季の成績は打率1割7分2厘、本塁打1本、打点14でした。そして今季はルーキーの近本にレギュラー争いで敗れ、代打での出場が続いていました。これまで4打席で3打数無安打2三振。まるで精彩を欠く内容でしたね。

 「もともと、ミートポイントは捕手寄りで体に近いんだ。それでも新人の頃はセンターから左に打っていたから投球がさばけたんだ。しかし、金本前監督が『右方向に引っ張れ』と指導してからおかしくなった。ミートポイントが近い上に引っ張りの意識が強く、右腰の開きが早いから打撃が根底から崩れてしまった」とは阪神OBの言葉です。

 チーム内では高山の悪癖を指摘する声は多く、当然ながら1軍首脳陣の耳にも届いていたはずです。しかし、春季キャンプからオープン戦と浜中、平野両打撃コーチは高山の打撃を矯正しているようには見えず、結局は開幕5試合で2軍落ち…という悲報なのです。

 藤浪に高山という投打の軸となるべき選手がそろって2軍。これは矢野監督ら首脳陣の痛手というだけではなく阪神タイガースとしての将来構想を崩壊させる激痛です。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ