PR

ニュース プレミアム

【正論5月号】【サヨナラ平成 その光と陰】堕ちた官僚と東大法学部 評論家 八幡和郎

 昭和までは、霞ヶ関は日本の進路を決める最高の参謀本部だった。しかも、主要な政治家のかなりは官僚、それも中堅課長以上、多くは局長や次官など重要ポストの経験者だった。とくに、吉田茂は当選一回の池田勇人を大蔵大臣に、運輸事務次官を辞めた佐藤栄作を非議員のまま官房長官に抜擢し、当選後は与党の幹事長とした。

 ※続きは月刊「正論5月号」でお読みください。ご購入はこちらへ。

【正論5月号の主なメニュー】

【特集 日本が危ない】

★改憲なくば未来なし 危機にあってなぜ踏み出さないのか 櫻井よしこ

★河野洋平にすがる朝日新聞 阿比留瑠比

★韓国の狂気、中国の脅威…日本よ立ち上がれ ケント・ギルバート×呉善花×石平

★神風神話と平和憲法から脱却を なぜ今、鎌倉武士なのか 井沢元彦

★自衛隊よ、「韓国が敵になる日」に備えよ 国防を徹底討論! 元空将 織田邦男×元

陸上幕僚長 岩田清文

★北の制裁破りを見逃し続ける日本の国連安保理決議違反  元国連安保理北朝鮮制裁委

員会専門家パネル委員 古川勝久

★日本の教科書は、なぜ韓国を“忖度”するのか 産経新聞客員論説委員 石川水穂

★日本共産党“ソフト化路線”の嘘を暴く 自由民主党職員 福冨健一

★《対談》消費増税のウソ 財務省と御用学者に騙される 大石久和×田村秀男

×   ×   ×

【サヨナラ平成 その光と陰…】

★ポリコレという言葉狩り 潮匡人

★「ゆとり教育」を生んだ危ない思想 八木秀次

★堕ちた官僚と東大法学部 八幡和郎

★「開かれた皇室」という過ち 富岡幸一郎

★なぜ経済は低迷した? 高橋洋一

★人口激減ニッポン 河合雅司

×   ×   ×

★文在寅は反日・反韓・離米を宣言した マスコミが伝えない「三・一」演説の核心 西岡力

★中国の戦術的“後退”にだまされるな 国家基本問題研究所主任研究員 湯浅博

★中国人は他民族と共存できるか 楊海英

★日弁連よ、韓国人の副会長でいいのか ケント・ギルバート

★不肖・宮嶋の現場 激写!金正恩

★肺がんになった私は… 古田博司

★ルパン三世が天皇になれない理由 竹田恒泰

★漫画 ぬるま湯正論 西原理恵子/それ行け!天安門 業田良家

★メディア裏通信簿 いだてんピンチ!

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ