PR

ニュース プレミアム

【日曜経済講座】「日本株式会社」で人材育成 人手不足と終身雇用制度の終焉 フジサンケイビジネスアイ編集委員 大塚昌吾 

その他の写真を見る(1/3枚)

 3月下旬、東京・大手町のパソナ本社で、エルダー(シニア)とシャイン(輝く、社員)をかけて名付けられた、定年のない65歳以上の新規採用社員「エルダーシャイン」の入社式が行われた。初年度の今年は通年で80人超を募集し、同社グループの各部門で直接雇用する。式には50代後半も含む65人が出席し、南部靖之代表から一人ひとり辞令を受けた。

 採用が決まったエルダーシャインは身だしなみや歩き方などに関する研修を受け、入社式に臨んだ。自動車部品メーカーの再雇用後に、キャリアチェンジを目指して会社を辞めた男性(61)は「30ほどの会社を受けてどこも門前払いだったが、エルダーシャインに合格し、社会で必要とされていると感じることができた。38年ぶりの入社式とあって、朝から元気が湧いた。(自らの)成長と社会貢献と収入の3つのSの実現へ、一生働きます」と力強い口調で語った。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ