PR

ニュース プレミアム

【近ごろ都に流行るもの】「イエベ・ブルベ判定」 私をきれいに見せる色 スマホで診断

イエベ・ブルベ診断効果で、春の新色が絶好調。「コフレドール」担当の本多陽子マネジャー=東京都中央区のカネボウ化粧品
イエベ・ブルベ診断効果で、春の新色が絶好調。「コフレドール」担当の本多陽子マネジャー=東京都中央区のカネボウ化粧品
その他の写真を見る(1/5枚)

 日本人の肌色は、黄色がかったイエローベース(イエベ)と赤や青みをおびたブルーベース(ブルベ)に大別され、それぞれに合うメークや服の色系統は全く異なるという。では、自分はどちらなのか? 専門家による高価なカウンセリングなど、これまでは判定機会も限られていたが、化粧品大手がスマホ撮影で瞬時に解析できる無料サービスを始め、一気に身近に。似合う色が見つかり、春の装いに役立ちそう。男性もちゃっかり調べているらしい?(重松明子)

 「イエベ・ブルベ診断したことありますか?」と、知人が聞いてきた。ありませんと答えると、やおらスマホを向けられ、カシャッ。「はい、ブルベです」。画面には、今撮られた私の顔写真とともに推奨色の口紅が表示。指で触れると唇に色が乗り、「お試し」できる。へえ~、面白い。

 これによると、ブルベはローズピンクなどの青系が肌になじみ、逆にイエベに合うオレンジ系は、顔から浮いたりくすんでみえてしまうそうだ。あまり使わずに放置している口紅やほお紅を思い出し、「そうだったのか」と腑に落ちた。

 カネボウ化粧品「コフレドール」は2月、スマホによるイエベ・ブルベ診断をスタート。3月発売の春の新色口紅の売り上げは前年同期比1・5倍と絶好調で、顕著な販促効果が表れている。

 担当の本多陽子マネジャーは、「『自分らしさ』を大切にする今の女性たちが求めているのは、流行色ではなく自分をきれいに見せてくれる色。専門職の指標だったイエベ・ブルベへの関心が一般に広がり、スマホ診断ができたら使ってみたいという声が事前調査で98%にものぼっていました」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ