PR

ニュース プレミアム

【正論5月号】【サヨナラ平成 その光と陰】ポリコレという言葉狩りの時代 評論家 潮匡人

トランプ米大統領(共同)
トランプ米大統領(共同)

※この記事は、月刊「正論5月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。

トランプの「PC」批判

 二〇一六年七月、米共和党のトランプ大統領候補(当時)は、いわゆる指名受諾演説の冒頭部分で、こう述べた。

 「私たちには、もはや政治的な正しさ(politically correct )にこだわる

余裕はありません。ですから、もし皆さんが、片寄った偏見や巧妙に仕組ま

れたウソ、メディアが捏造した神話を聞きたいというなら、どうぞ来週の民主

党・党大会へ行けばいい」

 こうした主張が熱狂的に支持され、トランプ候補は同年の大統領選に勝利し

た。同年六月にも、トランプ候補はニューヨークで、キリスト教の指導的な牧

師や神父が多数、参加する「聖職者集会」で、こう訴えた。

 「デパートの店員が、客に『メリー・クリスマス』と言える国にしよう」

 私が早くからトランプ当選を予測できたのは、この集会の模様を、ネット配信された動画で視聴したからである。そのとき以来、当選確定の直前まで「最後に勝つのはタテマエではなく本音」と論陣を張ってきた。だがその当時、日本のマスコミはトランプを「泡沫候補」扱いしたあげく、投票当日まで「クリントン優勢」と報じ続けた。

 デパートの店員が、客に「メリー・クリスマス」と言える国に暮らしている日本人には、ピンとこなかったのかもしれない。案外知られていないが、アメリカで「メリー・クリスマス」は「PC」(政治的な正しさ)に触れる禁句とされている。つまり「政治的に正しくない」。なぜなら「クリスマス」は、クライスト(キリスト)のミサであり、この言葉自体が、イエスをキリスト(救世主)とする信仰を前提とする。

 したがって、そうした信仰を持たないユダヤ教徒やムスリム(イスラム教徒)などへの配慮から、最近のアメリカでは「メリー・クリスマス」と言わず、「ハッピー・ホリディ」と言う。

 「神の下にある国」アメリカが、もはや公然とクリスマスを祝うことすら許されない国になってしまった。そうした過剰な「PC」に対する反発がトランプを大統領にした(詳しくは拙著『安全保障は感情で動く』)。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ