PR

ニュース プレミアム

【試乗スケッチ】新型BMW3シリーズ、大型化はネガティブ要素か? 安易な判断は禁物

新型BMW3シリーズ
新型BMW3シリーズ
その他の写真を見る(1/13枚)

 新型BMW3シリーズは、大きく拡大して登場した。5シリーズとは言わないまでも4.5シリーズと呼びたくなるほどに堂々とした体躯をまとって姿を現した。(レーシングドライバー/自動車評論家 木下隆之)

 3シリーズはこれで6代目となる。デビューは1975年。それ以来、BMWの主力モデルとして世界で愛されてきた。すでに世界累計販売は1500万台に達したという。サイズ拡大は、これからも永続的に愛されるための施策に違いない。

BMWの3シリーズはこれからもスポーツセダンのベンチマークであり続ける
BMWの3シリーズはこれからもスポーツセダンのベンチマークであり続ける
その他の写真を見る(2/13枚)

 ただ、3シリーズが大きくなったことにネガティブな印象を持つ人もいる。3シリーズにはドライバーズカーとして適度にコンパクトなサイズ感が心地良かったからだ。狭い日本では特にそう思う。

 そしてもう一つ、サイズ拡大によって、あの軽快な走り味が薄れてしまうのではないかという不安を抱く人も少なからずいる。

新型BMW3シリーズのセンタークラスター
新型BMW3シリーズのセンタークラスター
その他の写真を見る(3/13枚)

 「鈍重な3シリーズなど魅力がない」

 「ゆったり走りたければ5シリーズを買う」

 そんな声を耳にもした。

 だが、物事を表層だけで判断してはならない。詳細にスペックを分析し、観て乗って、走らせた印象からすると、そういった否定的な思いはなかったのだ。新型3シリーズはたしかにサイズが大きくなったけれど、少なくとも走りに関しては鈍重にはなっていない。むしろ正常進化の域を超えて走りの精度が高まっている。3シリーズは6代目になっても、これまでの5代の3シリーズが築き上げてきた伝統を忠実に守りつつけているのだ。

新型BMW3シリーズのドア周り
新型BMW3シリーズのドア周り
その他の写真を見る(4/13枚)

 ここでは、数々の魅力を書き連ねるのではなく、走りに絞って報告しようと思う。

 新型3シリーズの特徴はホイールベースが大幅に引き伸ばされたことである。前輪と後輪の間隔が40mm延長されて2850mmとなった。

 ホイールベースが長くなったということは、室内空間の余裕が増えたということだ。特に後席の足元が広くなった。一層、ラグジャリー性が高まった。それによって、ボディ全長が70mmも伸ばされ4715mmに達した。

キドニーグリル
キドニーグリル
その他の写真を見る(5/13枚)

 左右にもワイドなった。前輪の左右の間隔が43mmも拡大され、後輪の左右間は21mmワイド。ボディの全幅も25mm拡大。4.5シリーズと呼びたくなると思わせたのは、この堂々とした幅感にある。

新型BMW3シリーズと木下隆之さん
新型BMW3シリーズと木下隆之さん
その他の写真を見る(6/13枚)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ