PR

ニュース プレミアム

【太陽光発電は人を幸せにするか】(36)地権者も知らぬうちにIDを取得される

スマートグリッドホームが売電権(ID)を取得したのは、東京電力ホールディングス沼田事業所の敷地内だった=2月、群馬県沼田市薄根町(三枝玄太郎撮影)
スマートグリッドホームが売電権(ID)を取得したのは、東京電力ホールディングス沼田事業所の敷地内だった=2月、群馬県沼田市薄根町(三枝玄太郎撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 「太陽光発電が32円くらいに下がる辺りまで、うちにもしょっちゅう変な人が来ていましたよ。IDを買わないかってね」

 平成29年4月、FIT法が改正された。それまでは事業を計画している段階で設備認定(ID番号)を取得できた。この制度を利用して全国数千カ所のIDを大量に取得した業者もいる。

 「言ってみれば、犯罪にまではならない地面師って感じですかね。勝手に土地まで売買された訳ではないんだけれど、自分の土地を使って太陽光発電所の売電権(ID)を取得したり、売買していたら、気分が良いものじゃないよね」と言うと、この男性は残ったアイスコーヒーを飲み干した。

     □

 前橋市粕川町。道路に面した大きな工場があった。夕刻になっていたからか、工場は稼働していなかったが、事務所の前に乗用車が2台、止まっていた。

 ノックすると、中年の男性が顔を見せた。

 「ここの土地にスマートグリッドホーム(東京都新宿区)という会社が太陽光発電の設備認定を受けているのですが」と聞くと、「いや、うちは布団を販売している会社で、太陽光発電なんていう話は全く聞いていません」と首をひねった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ