PR

ニュース プレミアム

【石野伸子の読み直し浪花女】黒岩重吾どん底からの凝視(4)天武天皇、推古女帝…「啓示」が古代史へ駆り立てた

古代史小説の第一人者として数多くの作品を残した黒岩重吾=平成9(1997)年、西宮市の自宅
古代史小説の第一人者として数多くの作品を残した黒岩重吾=平成9(1997)年、西宮市の自宅

 黒岩重吾は50代に入って精力的に古代史小説を書き始める。いまや、そのジャンルの作家として評価が高いかもしれない。

 初めて手掛けたのは「天の川の太陽」。昭和51(1976)年に雑誌「歴史と人物」で連載を始め、足かけ4年に及んだ長編で、この作品は吉川英治文学賞を受賞するなど高い評価を得た。

 大海人皇子(おおあまのおうじ)(後の天武天皇)を主人公に、古代史最大の内戦といわれる壬申の乱に至るまでの10年余りを、当時の半島情勢などもからめながら大胆に描いている。

 物語は南紀の温泉場からスタートする。大海人皇子は母斉明天皇、兄の皇太子中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)(後の天智天皇)ら一族で静養に来ていた。兄は一昨年まで大海人の恋人だった額田王(ぬかたのおおきみ)を連れてきており、深夜の岩風呂につかりながら2人の閨(ねや)に思いをはせ、心を乱す。

 「ふと未練にも似た思いが胸を掠めたが、大海人はそんな自分の女々しさに腹を立てた」

 兄は額田王と引き換えに、まだ13歳の自分の娘(後の持統天皇)を差し出す非情酷薄な人物。さらに、その背後には策士・鎌足がひかえている。いまはじっと待つしかない。もう一度熱い湯につかろうと思った矢先、有間皇子の謀反を告げる早馬が駆けつける…。

 生々しい書き出しから、一気に王位継承をめぐる7世紀の黒岩ロマンの世界に引きずり込まれる。

 以後、「紅蓮(ぐれん)の女王 小説推古女帝」「落日の王子 蘇我入鹿」「天翔(あまかける)る白日 小説大津皇子」「聖徳太子 日の影の王子」など話題作を矢継ぎ早に発表していく。

 昭和35年に書いた「背徳のメス」で一躍、社会派ミステリーの第一人者となった黒岩重吾は、なぜ古代史に手を染めたのか。

 「古代史への旅」などの語り下ろし作品でまとめ役をつとめ、文庫解説も多く手掛けている文芸評論家の清原康正さんは、黒岩重吾と古代史を結ぶ回路は3つあるとみる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ