PR

ニュース プレミアム

【ビジネスの裏側】仕組み複雑、早くも機能不全か 外国人材拡大

その他の写真を見る(1/3枚)

 外国人の就労機会を広げる改正出入国管理法が1日に施行された。慢性的な人手不足に悩む中小企業が多いうえ、2025年の大阪・関西万博開催を契機に旅行客の急増が見込まれる関西だけに、労働力確保への期待は大きい。しかし、制度の仕組みは複雑で、運用は手探り状態が続く。官民の現場からは早くも機能不全を指摘する声が上がっている。

「熱処理」で混乱

 「仕事、慣れたら簡単。外国人でもオーケーね」

 3月中旬、自動車部品などの加工を手がける「理化工業」(大阪府八尾市)。機械が所狭しと並ぶ工場の一角で、ベトナムから来た4人の「技能実習生」が大量のネジを塗装用の型にはめ込む工程を担っていた。

 同社の主力事業は、900度に熱した炉に金属部品を入れて強度を高める「熱処理加工」だ。6つの炉を24時間態勢で動かすため、76人いる従業員の4割ほどが昼夜交代で作業に当たっている。

 人手のかかる仕事だが、4人の実習生は手を貸さない。実習生に認められる業務の中に「熱処理加工」が入っていないからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ