PR

ニュース プレミアム

レジェンドの語る宝塚、ミュージカルの未来

宝塚歌劇団の作曲家として活動60周年を迎えた吉崎憲治氏
宝塚歌劇団の作曲家として活動60周年を迎えた吉崎憲治氏
その他の写真を見る(1/2枚)

 いまや、演劇の一ジャンルとして日本で市民権を得た感のあるミュージカル。長年、日本のミュージカル界を牽引してきた宝塚歌劇団の観客動員は右肩上がりだ。同劇団の作曲家、吉崎憲治氏(85)は今年60周年、演出家の岡田敬二氏(78)は55周年を迎えた。ミュージカル作品とともに、歌と踊りで華やかに魅せる「レビュー」と呼ばれるショー形式の作品が特徴の同劇団。“現役レジェンド”として活躍する吉崎、岡田の両氏がミュージカルやレビューの今昔、未来を語った。(橋本奈実)

 かつての日本では、ミュージカルはなかなか定着せず、時に「物語の中で突然、歌い出す」と揶揄されることもあった。だが、製作者や演者の努力が実を結び、認知度は高くなってきた。

 近年、映像で活躍する俳優がミュージカル作品に出演したり、反対にミュージカル俳優がテレビ番組に出演したりする動きが活発化。米映画「ラ・ラ・ランド」がアカデミー賞を受賞し、完全にブレークした。今では海外作品のほか、オリジナル作品など多様化。テレビの音楽特番では、ミュージカル・コーナーが設けられるなど一大ブームとなっている。

 劇団四季、東宝とともに、日本のミュージカル界の3大柱としてその一翼を担った宝塚歌劇団。2014年の劇団100周年以降、観客動員数は右肩上がりだ。

 同劇団に1959年に入団以降、3000曲以上を手がけた作曲家、吉崎氏は「入団したころ、作曲も指揮もでき、外国に行くチャンスもある場所は、宝塚歌劇団しかなかった」と振り返る。63年入団の演出家、岡田氏も「入団当時は、ミュージカルやレビューとはなんぞやという時代。ストレートプレイの新劇が全盛でしたから。ミュージカルが市民権を得たのはとてもうれしく思う」という。

 “市民権”を得るまでには、長い歴史がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ