PR

ニュース プレミアム

【朝鮮半島を読む】〝戦犯ステッカー〟で騒いだのは日本だけ?

 いずれの条例案も、いわゆる徴用工判決をめぐる日本側の対応に反発して提案されたものだが、もっと根深いところにその背景がある。「積弊清算」を掲げ、歴史の見直しを進める文在寅(ムン・ジェイン)政権に迎合し、与党の地方議員が政治パフォーマンスを行っているとの指摘もある。

 今回の“戦犯ステッカー”騒動は、韓国より日本でのほうが反響が大きかったようだ。京畿道に住む知人に聞いたところ、「一般の市民は関心がないのでは。韓国のマスコミもほとんど報じていないので、うちの家族もその事実すら知らない」と話していた。

 日韓間で問題が生じると、かつては韓国のほうが激情して盛り上がり、日本のほうは冷めて冷静にみていることが多かった。それが最近では、今回の騒動を含め逆転。慰安婦問題も、徴用工判決も、韓国の一部の市民団体やマスコミは騒ぐが、一般市民の関心は薄いのが実情だ。

 日本の方が熱くなるのは、韓国の執拗(しつよう)な反日攻撃に、今までがまんしていた日本人の堪忍袋の緒がいよいよ切れたのか。それとも韓国の現政権下で増幅する反日が、看過できないほど度を超しているからなのか。(編集委員 水沼啓子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ