PR

ニュース プレミアム

【柴門ふみの人生相談】大人なのに片付けが苦手 どうすれば?

イラスト・千葉真
イラスト・千葉真

相談

 お部屋の片付けが苦手です。小学生の頃は遊びに来た友人が見かねて机を片付けてくれたほどでした。

 そもそも決まった場所にものを置くことができません。いつもどこに置いたか分からなくなり、探し物はしょっちゅうで、いつの間にかテーブルや机の上にものが積み上がっている状態です。

 最初は「片付けて」と言っていた夫も、今は何も言いませんが、彼が片付けることもありません。

 誰も片付けずに散らかったリビングを見るとストレスを感じることもありますが、片付ける気にはなれません。

 性格だから仕方ないと思うのは自分への甘やかしなのでしょうか。(東京都、40代女性)

回答

 物を片付ける片付けないというのは、ある程度生まれつきの性格なのではないでしょうか?

 というのも、私は2人の子供を同じように育てたにもかかわらず、姉は物を置きっぱなしで片付けず、弟は玩具も本も元の場所にきちんとしまうのでした。

 片付ける人は、片付いていない状態が不快で我慢ならず、そのため片付けるのだと思います。一方片付いていない部屋で生活する人は、「なんか散らかってるけど、片付けるの面倒だしまあいいや」と考えるタイプではないでしょうか? つまり片付いていない不快さより、片付ける面倒くささのほうが勝ってしまう性格なのです。

 〈誰も片付けずに散らかったリビングを見るとストレスを感じることがありますが、片付ける気になりません〉と、あります。相談者の方は少し不快さが出てきたのですね。だったら「苦手だなぁ」「面倒くさいなぁ」と考えるのをやめませんか? 何も考えずにとにかく、出したものをしまうのです。

 私は子供がまだ小さく蛇口に手が届かない頃に「おかあさん、お水ちょうだい」と言われて「面倒くさいなぁ」「水なんか自分で飲め」と腹を立てました。しかし、ある時から何も考えずにただ水をくむようにしました。すると、腹も立たずストレスも感じずに子供に水を出せるようになったのです。

 以来、「苦手だ」「面倒くさい」という言葉が浮かびそうになったらまずそれを打ち消して頭を真っ白にし、行動に移すことにしました。この方法で、大体はうまく回りました。

 それでもやっぱり片付けができないのなら、もう他人に頼みましょう。ネットで片付け業者を調べて電話すればいいのです。

回答者

 柴門ふみ 漫画家。61歳。代表作は講談社漫画賞の『P.S.元気です、俊平』『東京ラブストーリー』『恋する母たち』など。近著に『そうだ、やっぱり 愛なんだ』『オトナのたしなみ』など。故郷の徳島市観光大使も務める。

相談をお寄せください

 住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記のうえ、相談内容を詳しく書いて、〒100-8078 産経新聞文化部「人生相談 あすへのヒント」係まで。

 〈メール〉life@sankei.co.jp

 〈FAX〉03・3270・2424

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ