PR

ニュース プレミアム

【大人の遠足】静岡・清水 茶畑から望む富士と雲海 「和紅茶」に癒やされて

茶畑から富士山や雲海を望むことができる=静岡市清水区(久米歩さん提供)
茶畑から富士山や雲海を望むことができる=静岡市清水区(久米歩さん提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 39年間にわたり、市場で最高値が付く高級日本茶の産地、静岡市清水区の「両河内(りょうごうち)」地区。静岡の市街地からそれほど時間をかけずに到着できる同所では、標高約350メートルの茶畑から雲海にたたずむ霊峰富士の美しさを望めるなど豊かな自然に恵まれ、癒やしのひとときを過ごすことができる。エリアには、茶工場の一部に開設したカフェがあり、自然の恵みを存分に受けた深い「甘み」と「うまみ」が特徴のお茶を味わえるほか、温泉施設なども充実しており、ゆっくりと滞在したい。

 JR東海道線清水駅を起点に車で国道52号を山側に走らせること約30分。清水区を流れる興津川の上流に位置する「両河内」の集落に入る。さらに車で5分ほど上がると、目の前に広大な茶畑、左手には富士山、さらに、気象条件が合えば眼下に雲海が広がる最高の撮影スポットに到着する。市街地からそれほど時間をかけずに、天空にいるかのような絶景を見られることに驚かされる。

日帰り温泉施設も

 同地区には、ハイキングコースや見晴台、自然観察園などが整備された「清水森林公園やすらぎの森」があり、森林浴を楽しめる。敷地内には、複数の露天風呂を用意した公営の日帰り温泉施設「やませみの湯」もあり、疲れをとることも可能だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ