PR

ニュース プレミアム

ゆるくないゴジラ顔負け怪獣キャラが商店街を救う

 26年にガサキングαを公開し、フィギュアを販売すると、「ゴジラに次ぐ新星」「作りが精巧」などと怪獣マニアの間で話題となり、1体5400円のフィギュアは用意した200体がすぐに完売した。

 以降、ガサキングαの着ぐるみや特撮動画などを制作して三和市場をPR。27年にはソフトバンクのウェブ限定CMに起用されジャスティン・ビーバーさんと共演。怪獣マニア以外にも知られるようになった。

 そのころから、興味を持った人らが三和市場にフィギュア店や音楽スタジオ、飲食店などを続々と開業。今秋には新たに劇場がオープンするほか、市場をPRする男性アイドルグループも結成する予定という。

その他の写真を見る(3/4枚)

 商店街は少しずつだが活気を取り戻しており、森谷さんは「ガサキングαは三和市場の救世主。いつか再び多くの人が立ち寄る街になれたら」と笑う。

 ■独自文化発信で再建

 全国商店街振興組合連合会などによると、国内には少なくとも1万4千の商店街があり、うち7割以上が衰退状態という。商店街は昭和30年代の高度経済成長期までは「庶民の台所」として親しまれていたが、大型スーパーやコンビニの台頭などで商店主らを取り巻く環境は悪化している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ