PR

ニュース プレミアム

地方発26歳女性プロゲーマー(上)ゲームが「部活」だった

 対戦型ゲームの勝敗を争う「eスポーツ」。2018年のジャカルタ夏季アジア大会で公開競技になり、海外を中心に人気が広がっている。その世界で格闘ゲーム「鉄拳」専門の女性プロとして世界で活躍しているのが、たぬかな選手(26)だ。「好きなこと」を仕事にした女性プロのパイオニアの素顔は、堅実に未来を見据えて技を磨く、ストイックな女性だった。(聞き手 小松大騎)

「eスポーツの裾野を広げたい」と話すたぬかな選手=大阪市福島区
「eスポーツの裾野を広げたい」と話すたぬかな選手=大阪市福島区
その他の写真を見る(1/3枚)

■大会前は12時間プレー

 --今年でプロゲーマー3年目。eスポーツは昨年、新語・流行語大賞のトップ10に選出され、今後さらに注目を集めそうです

 たぬかな 正直に言うと、昔からゲームをしてきた人間としては「いきなりスポーツと呼ばれても…」という戸惑いはありました。メディアに取り上げていただく機会も増え、盛り上がりを感じます。

 --女性プロゲーマーのパイオニア的存在です

 たぬかな 女性プロとしては国内で2人目でした。そもそも、趣味の鉄拳でご飯が食べられるようになるなんて夢にも思いませんでしたね。「女子もプロとしてやっていけるんだ」と興味を持ってもらい、新たなプレーヤーが出てくればうれしいし、やりがいになります。

 --プロゲーマーの主な活動内容を教えてください

 たぬかな プロeスポーツチームと契約を交わし、国内外の大会に出場して賞金を稼ぎつつ、大会の実況解説やイベント、メディア出演などです。もちろん練習も欠かせません。私は国内外で年間約20の大会に出場しますが、大会前は1日に12時間くらい鉄拳をプレーして、技の精度を磨いたり、対策を練ったりしています。

 --12時間ですか。ゲームが相当好きでないと耐えられそうにありませんね

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ