PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】24歳トリオが真価発揮できるか…開幕9番勝負に注目

阪神・木浪聖也=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
阪神・木浪聖也=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
その他の写真を見る(1/3枚)

 矢野阪神は躍進するのか没落なのか!? 運命の9番勝負を24歳トリオが陣形を崩さず突破できれば先は見えてきます。阪神・矢野燿大(あきひろ)監督(50)の初めてのシーズンが今週末の29日のヤクルト戦(京セラD大阪)から始まります。開幕からの9試合はヤクルト3連戦、巨人3連戦(東京D)、広島3連戦(マツダ)。昨季の対戦成績でいずれも大きく負け越した相手ですが、1番遊撃・木浪、2番中堅・近本、4番三塁・大山の24歳トリオが敵を撃破すれば不安は一掃され、躍進への鼓動は大きくなります。結果が最悪なら「ようこそ暗黒時代へ」ですね。

阪神脅威論は社交辞令か

 さあ、いよいよシーズン開幕が迫ってきましたね。今週末の3月29日が待ちに待った開幕戦ですね。場所は京セラD大阪。相手は昨季、2位に躍進して、今季は「周囲の期待感もある。優勝を狙う」と話す小川監督率いるヤクルトです。

 「阪神は投手がいい。西とガルシアを補強したし、簡単には点は取れない。なので投手陣がいかに点を与えないかが鍵になる」。阪神戦に対する小川監督の言葉です。バレンティン、山田哲、青木、雄平ら打線の中軸は強力。さらに三塁にはプロ入り2年目の村上宗隆内野手(19)が入りますね。燕のゴジラと呼ばれる若き大砲も脅威です。

 矢野阪神はヤクルト3試合を戦った後、東京に移動し4月2日から敵地・東京Dで巨人3連戦。そして、4月5日からは広島の本拠地・マツダスタジアムでリーグ4連覇を目指す広島との3連戦です。先週も書きましたが、巨人・原監督は「阪神は投手陣がいい。簡単には点は取れないのでロースコアの戦いを覚悟している」と話し、広島の緒方監督も「実はリーグで一番強いのは阪神だと思っている。西とガルシアが加入したあの投手陣はすごい」といずれも阪神に対する警戒感をあらわにしていました。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ