PR

ニュース プレミアム

【近ごろ都に流行るもの】止まらない中毒性は南国の癒やし?スナック菓子の咀嚼音

専用トングでザクザクッ…。とまらないのは、スナック菓子の心地よいASMRのせい?=東京都渋谷区
専用トングでザクザクッ…。とまらないのは、スナック菓子の心地よいASMRのせい?=東京都渋谷区
その他の写真を見る(1/6枚)

 食べ物を咀嚼(そしゃく)する「音」が注目されている。きっかけは、何気ない音に耳をすませると心地よさやゾワッとした恍惚が生まれる「ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)」という体感だ。専用マイクにより、咀嚼時に自らの頭部に伝わるリアルな音響を録音した動画がユーチューブに多数投稿され、世界的な人気を呼んでいる。そこに菓子業界が目を付けた。周波数分析によると、スナック菓子を食べる「パリッ、ザクザクッ」という音は、南の島の波音に似ているとか。スナック菓子が「止まらない」理由はコレだったのか!? (重松明子)

 「人間が癒やされる水音に近い音が、このスナック菓子から出る。驚きでした」

 日本音響研究所の鈴木創所長(48)が、音の周波数分析図を手に語った。沖縄県・西表(いりおもて)島の浜辺に寄せる波音と似た波形を描くのが、今月18日に発売された「リッツ ベイクドチップス」(約150円)の咀嚼音だ。

 ソーセージなどの咀嚼音と比べても、周波数(縦軸)と時間(横軸)のスケールが圧倒的。「複雑な音の集合体で、人気のASMR動画との共通点も多い」と鈴木所長。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ