PR

ニュース プレミアム

埼玉と千葉で開校の夜間中学 背後にボランティアの努力

 戦争や貧困などのために義務教育を受けられなかったり、不登校などで形式的に中学校を卒業したりした幅広い年代の人たちが学ぶ夜間中学が今春、埼玉県川口市と千葉県松戸市に各1校が開校する。国は全都道府県に設置を目指しており、2校の開校で、全国の夜間中学は9都府県の計33校になる。今回2校が開校した背景には、数十年にわたってボランティアらが自主夜間中学を運営し、公立校の設置を求めてきた努力がある。(吉田智香)

海外12カ国の生徒

 「中学を卒業したけれど学び直しを希望している人や、もっと日本のことを学びたいという外国人は多い。公立校ができてひと安心」。こう話すのは「埼玉に夜間中学を作る会」の野川義秋代表(70)。埼玉には夜間中学が1校もなく、待望の開校だ。

 4月に川口市に開校するのは「川口市立芝西(しばにし)中学校陽春(ようしゅん)分校」。当面は統合により廃校となった旧市立高校の施設を校舎として利用し、3年目からは、旧小学校の敷地に建設する新校舎に移る計画だ。

 県内に住む16歳以上で、一定の条件を満たす人なら入学できる。市教育委員会によると、面接を経て入学が決まったのは10~80代の80人(3月1日現在)。日本人は36人で、外国人が過半数を占める。外国人の出身国は、20人の中国を筆頭にベトナム▽韓国▽トルコ▽アフガニスタン▽ブラジル▽ペルー▽ミャンマー-など12カ国と多彩だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ