PR

ニュース プレミアム

【時刻表は読み物です】関西一円、平成から明治の旅 「元号駅」あれこれ

大阪環状線の電車がひっきりなしに発車する大正駅。橋に挟まれた位置にある
大阪環状線の電車がひっきりなしに発車する大正駅。橋に挟まれた位置にある
その他の写真を見る(1/5枚)

 JRグループの3月16日ダイヤ改正を掲載した「JTB時刻表」の3月号は電子書籍「JR全駅名あいうえお順一覧」をダウンロードできる特別付録がついている。全国にある約4600の駅の名前が並んでいるだけだが、50音順の先頭は山陽新幹線と山陽線の相生(あいおい)駅(兵庫)、最後は京浜東北線の蕨(わらび)駅(埼玉)であることや、JRで「浦和」とつく駅は7つ(浦和のみのほか頭に東、西、南、北、中、武蔵。埼玉高速鉄道に浦和美園駅がある)ということが分かるなど、いろいろ楽しめる。そこで、平成が幕を閉じた後の「新元号」が4月1日に発表されるのにちなみ、過去の元号と同じ駅名を探してみた。

 大阪人にとってなじみの深い「元号駅」はJR大阪環状線の大正駅(大阪)だろう。京セラドーム大阪へのJR最寄り駅だ。

 開業は昭和36年で大正時代ではなく、大阪市大正区にあるから名付けられた。駅を降りて京セラドームまで歩くと、木津川や尻無川の流れや、区名の由来で大正時代にかけられた大正橋などを眺めることができ、大正時代とはいかないものの、昔ながらの「水都・大阪」の雰囲気を楽しめる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ