PR

ニュース プレミアム

【竹島を考える】挑発的な韓国に取るべき「大人の対応」 下條正男・拓殖大教授

ソウル市内で3月1日に行われた「三・一独立運動」から100年を迎える記念行事。挑発的な行動が目立つ韓国にはどう対応していくべきか(聯合=共同)
ソウル市内で3月1日に行われた「三・一独立運動」から100年を迎える記念行事。挑発的な行動が目立つ韓国にはどう対応していくべきか(聯合=共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 韓国では文在寅(ムンジェイン)大統領が政権の座について以来、対日政策が過激になった。その中で2月22日、14回目の「竹島の日」の式典が松江市で挙行された。

 最近の韓国では、火器管制レーダー照射事件や「慰安婦合意」の破棄、国会議長による天皇陛下に対する不敬発言など、日本側識者からは「韓国は国家の体をなしていない」との声が漏れるほど挑発的になった。

「がんばりましょう」ではないはずだ

 日韓関係をここまでにしたのは、日本側も大人の対応がとれなかったからではないだろうか。だが、その大人の対応とは、韓国に対して経済制裁で臨むことでも、改憲によって日本が軍隊を持つことでもない。戦略がないまま改憲を急ぐことは、不用意に韓国側を刺激するだけである。それでは日本も「国家の体をなしていない」と批判されかねない。

 改憲を急ぐ理由として、現行の日本国憲法は「敗戦国日本が外国から押し付けられた」とする論理がある。だが押し付けられたのは、憲法だけではないはずである。憲法を改正しようとする「議会民主主義」もまた、与えられたものだ。その議会民主主義の中で、近年、問題となっているのが国会議員の資質である。

 「竹島の日」の式典に参席した国会議員の先生方の多くの常套(じょうとう)句が、「皆さんがんばりましょう」であった。今回も「式典にお招きいただき…」とした人士がいた。この若手の国会議員の先生には、竹島問題が国家主権に関わる問題だという認識が、希薄なのであろう。少なくとも国費を使って島根県に来るのであれば、「がんばります」と挨拶(あいさつ)しなければならないはずである。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ