PR

ニュース プレミアム

【外交安保取材】歴代最長の河野統幕長がついに勇退 首相も信頼する“ドラえもん”の実力

自衛隊の河野克俊統合幕僚長(川口良介撮影)
自衛隊の河野克俊統合幕僚長(川口良介撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 在任期間が歴代最長となっている自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長(64)が、4月1日に勇退する。北朝鮮の弾道ミサイル発射や中国の海洋進出に適切に対処し、安倍晋三首相(64)からの信頼も厚い。温和な風貌やずんぐりとした体格、そして抜群の対応力から付いた愛称は“ドラえもん”。その実力とは-。

 河野氏は神奈川県出身で、防衛大卒業後の昭和52年に海上自衛隊に入隊。海上幕僚監部防衛部長や護衛艦隊司令官、自衛艦隊司令官、海上幕僚長などを歴任し、平成26年10月に第5代統幕長に就任した。

 出世街道を一直線に歩んできたかに見えるが、挫折も味わった。海幕防衛部長時代の20年2月、漁船の父子が不明になったイージス艦「あたご」の衝突事故が発生し、海自へのバッシングが吹き荒れた。河野氏は直後の人事で掃海隊群司令に異動している。

 「防衛部長は海自きってのエリートコース。次の人事では海将に昇進し、護衛艦隊司令官や地方総監に就くのが定石だ。それが海将補のままの掃海隊群司令だと、左遷とみられても仕方ない」

 海自幹部はこう解説する。しかし、河野氏はわずか8カ月で護衛艦隊司令官に返り咲いた。海自幹部は「河野さんは上司や先輩からもかわいがられた。本人の力もさることながら、上に『河野をなんとかしないといけない』と思わせるあたりが真骨頂だ」と語る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ