PR

ニュース プレミアム

【当世インド事情】1カ月で270人死亡 密造酒はなぜなくならない

インド北東部アッサム州で密造酒を飲んで運ばれた茶農園労働者の治療に当たる医師。死者は155人に達した(ロイター)
インド北東部アッサム州で密造酒を飲んで運ばれた茶農園労働者の治療に当たる医師。死者は155人に達した(ロイター)

 インドで安価な密造酒を飲んで死亡する例が後を絶たない。インドは「禁酒州」が存在するほど飲酒には厳格な土地柄のはずだが、2月以降だけで270人近い死者が確認された。警察当局は業者摘発に乗り出しているものの、根絶にはほど遠いのが現状だ。たて続けに起きる悲劇からは、インドの貧困層が置かれた現状と課題が見えてくる。(ニューデリー 森浩)

■工業用アルコールを加工

 インド北部のウッタルプラデシュ(UP)州とウッタラカンド州では2月7日、密造酒を飲んだ住民が相次いで体調不良を訴え、これまでに計108人が死亡した。死者の多くは葬式の13日後に行われるヒンズー教の儀式「テラビン」の参加者で、会場での飲酒が悲劇につながったもようだ。地元警察は違法製造業者の摘発に着手し、関係者200人以上を逮捕した。

 東部アッサム州では21日、酒を飲んでいた男女が次々と搬送され、計155人が死亡した。多くは「アッサムティー」で知られる茶農園の労働者で、作業後の飲酒だったという。3月に入っても、UP州で結婚式の参列者が密造酒を飲み、これまでに6人が死亡した。

 「これまでも散発的に死者は出ていたが、これほどの死者が続出したのはめずらしい」と話すのは地元ジャーナリストだ。ほとんどの密造酒は、有毒なメタノールが含まれる工業用アルコールを加工して味や色を付けているだけだという。到底味わい深いものではなく、「ただ酔うためだけの代物」とされる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ