PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】藤浪2軍の激痛…波紋は大きいぞ

表情がくもる阪神・藤浪晋太郎 =ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
表情がくもる阪神・藤浪晋太郎 =ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)

 激痛の藤浪開幕2軍…。阪神球団は傷ついた右腕の再生に総力を挙げなければなりません。阪神・藤浪晋太郎投手(24)は12日の中日戦(ナゴヤD)に先発、4回無安打1失点ながら4四死球の乱調。矢野監督と話し合った結果、2軍で無期限の再調整をすることが決まりました。4年前、エースの座が目前だった右腕がどうしてここまで“崩壊”したのか。全てを藤浪自身の問題とはせず、球団として原因を究明し、再生策を見いださないといけません。「阪神は藤浪さえ育てられなかった」というレッテルがさまざまな部分に大きな弊害を起こすからです。

自慢の投手陣引っ張る存在が…

 来週末の29日からシーズンは始まります。矢野阪神の初年度にはどんな戦いが待っているのか、期待感と不安感が入り交じります。他球団の戦力分析を行っていた球団関係者は「打撃力はセ・リーグ6球団の中で低い方かもしれない。でも、投手力はウチが一番いいと思う。投手中心の守りの野球を貫ければ、いい戦いができるのではないかと思っている」と話していました。

 確かにセ・リーグの中で打線の迫力、厚みでは少々、ひけを取るかもしれませんが、先発からリリーフなど投手陣のバリエーションは阪神が頭ひとつ抜けていると思います。春季キャンプ中に取材した他球団の監督も異口同音でしたね。

 「実はリーグで一番強いのは阪神だと思っている。あの投手陣はすごい」(広島・緒方監督)

 「阪神は西とガルシアを補強し、投手陣の厚みはすごい。勝負はロースコアの戦いとなる」(巨人・原監督)

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ