PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】福生病院透析問題「開設者による丁寧な説明は行うべき」

定例会見に臨む東京都の小池百合子知事=15日、都庁(大泉晋之助撮影)
定例会見に臨む東京都の小池百合子知事=15日、都庁(大泉晋之助撮影)

《15日午後2時から都庁会見室で》

【知事冒頭発言】

 「それでは、私から、今日は3本、お伝えさせていただきます。まず、東京2020大会に向けた準備状況について、2点ご報告がございます。大会まで500日を切りました。ちなみに今日はあと497日という段階でございます。都といたしまして、大会に向けて、着々と準備を進めているところで、まず1点目ですけれども、東京2020大会の開催に向けましては、競技施設がいよいよ完成を迎えることになりますので、その供用開始日、そして完成披露式典など、準備いたしております。その件について、まず1点目。夢の島公園アーチェリー場になります。今年の2月末に既に工事は完了いたしておりまして、4月28日に供用が開始されます。同じ日に完成披露式典を開催いたします」

 「それから、海の森水上競技場でございますが、こちらは5月末に完成いたします。工事も順調に進んでおりまして、スタンド棟、それから艇庫などの施設の形がだんだん出来上がっている。6月1日から供用の開始で、同月16日に完成披露式典を開催する予定といたしております。それから、3番目が、カヌー・スラロームセンターでありますけれども、こちらは競技コースについては、当初のスケジュールどおり、5月末に竣工の予定でございます。供用開始が7月6日、この日に完成披露式典を開催いたします。それから、各会場で完成披露式典を行うわけですけれども、その際はアスリートの皆さんをお招きして、東京2020大会で実施されます競技のデモンストレーションなどを行いまして、大会に向けた機運を盛り上げていく考えでございます。それぞれの施設ですけれども、供用開始後、東京2020大会に向けまして、組織委員会による仮設工事などがまた予定されておりますが、都民の皆さんに広くご利用いただくことが、大会準備などへの関係で、そう簡単ではないのですけれども、できるだけ、大会準備などに影響のない範囲でご利用いただくようにも検討していきたいと考えています。詳細は、オリンピック・パラリンピック準備局にお聞きください」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ