PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】分かれるミラーレス戦略 「フルサイズ祭り」と一線画す動き

パシフィコ横浜で開幕したカメラ見本市「CP+」。最新機種でのモデル撮影を愛好家らが楽しんでいた=2月28日、横浜市西区
パシフィコ横浜で開幕したカメラ見本市「CP+」。最新機種でのモデル撮影を愛好家らが楽しんでいた=2月28日、横浜市西区
その他の写真を見る(1/4枚)

 ミラーレスカメラのシェア争いが激しさを増すなか、各社の商品戦略の違いも目立ち始めた。2月28日~3月3日にパシフィコ横浜で開かれたアジア最大のカメラ見本市「CP+」では、ニコン、キヤノンに続いてパナソニックも大型の画像センサーを搭載した「フルサイズ機」を投入するなど、さながら「フルサイズ祭り」の様相を呈した。その一方で、富士フイルムやオリンパスはフルサイズへの参入を否定し、別の分野で勝負する姿勢を鮮明にしている。

 ■狙いはボリュームゾーン

 「世はまさに“フルサイズ祭り”の様相。『御社は参加しなくて大丈夫?』と質問されることが増えた」と苦笑するのは、富士フイルム光学・電子映像事業部の飯田年久事業部長。フルサイズ機の需要は全体の3割程度にとどまるとみて、あえて参入しないという。

 フルサイズとは、かつて主流だった写真フィルムと同じ36ミリ×24ミリサイズの画像センサーを指す。一回り小さいAPS-C(23・6ミリ×15・6ミリ)やフォーサーズ(17・3ミリ×13ミリ)と比べ高画質だが、その性能に伴ってカメラ本体やレンズも大きく、重く、高価になりがちだ。

 そこで富士フイルムは、APS-C機でビギナー層の開拓に注力する。3月下旬発売する「FUJIFILM X-T30」は、秒間30コマの連写機能や400グラムを切る軽さの本体重量が特長。フルサイズ機の性能までは求めないボリュームゾーンの獲得を狙う。

 その一方で、ハイエンド需要にも目を配る。フルサイズよりさらに大きい1億200万画素の中判センサーを搭載する高級機を、今年前半に発売予定。フルサイズ機での競争を回避し、「ビギナーとハイエンドの両輪で販売を伸ばしたい」(飯田氏)ともくろむ。

 オリンパスが2月発売した「OM-D E-M1X」も、これまでの製品群と同様にアウトドアでの使い勝手を重視し、フォーサーズ規格のセンサーを搭載した。「フルサイズに参入する考えはない」と、笹宏行社長は断言する。

 ■買い替え需要もにらむ

 もっとも、ビギナー需要や小型・軽量ニーズを狙うのは両社だけではない。

 フルサイズ機でシェア首位のソニーも、APS-C機「α6400」を先月発売した。“自撮り”をしやすい可動式液晶モニターなどが同製品の特徴だが、フルサイズ機と同じレンズ規格を採用している点に、ユーザーを囲い込む戦略が現れている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ