PR

ニュース プレミアム

しめ縄飾りは「ゴミ」か…処理に困る声

だいだいや紅白の水引、紙垂(しで)などで彩られるしめ縄飾り
だいだいや紅白の水引、紙垂(しで)などで彩られるしめ縄飾り
その他の写真を見る(1/2枚)

 正月に玄関先などに飾る「しめ縄飾り」。以前は小正月(1月15日)や節分に社寺へ持参すれば「とんど(どんど)焼き」などで焚(た)き上げられて簡単に処理できていたが、都会の社寺では近隣からの苦情などを理由に拒否するケースや、そもそもとんど焼きを行わない社寺もあり、「処理の仕方がわからない」と困惑する声もあがっている。「神聖」なしめ縄飾りは、役目を終えるとゴミになってしまうのだろうか。(北村博子)

モラルの低下で受け取り拒否

 「日本大百科全書」によると「注連縄(しめなわ)は、早くから信仰に結びつけて理解されてきた」とあり、日本の神様は祭りのたびに来臨するので、神霊を迎えるための清浄な場所を示すために張りめぐらせたとされる。後に神が神社に常駐すると考えられるようになると、拝殿や鳥居に張られるようになり、一般家庭でも神棚のほか、玄関先に飾るしめ縄が浸透していったことが説明されている。

 正月のしめ縄飾りは、元日の朝に家に訪れる福の神「年神」の目印になるほか、家内に不浄なものを立ち入らせない結界の意味もあるという。地域によって違いはあるが、関西ではしめ縄飾りや松飾りが1月15日までの「松の内」まで置かれ、小正月や節分に社寺のお焚き上げ行事「とんど焼き」で焼納されてきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ