PR

ニュース プレミアム

【石野伸子の読み直し浪花女】黒岩重吾どん底からの凝視(2)釜ヶ崎の体臭 株で失敗、キャバレー宣伝の修行から直木賞

 昨年復刊された『飛田ホテル』(ちくま文庫 http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480434975/ )の解説文を、作家の難波利三氏が書いている。「不肖の弟子」を自称する難波氏はかつて、飛田ホテルのモデルになった老朽アパートに連れて行かれたときの体験を紹介している。

 薄暗い玄関先に鉢巻きをした酔っ払いがしゃがんで用を足している。そばを野良犬が徘徊(はいかい)する。猥雑(わいざつ)きわまりないその雰囲気に驚いていると「ここが僕の原点だよ」と師匠は答えたという。そのアパートの近くに、まもなく高級ホテルで知られる業者が20階建てのホテルを建設する。時代は変わっていくのか。

相次いで復刊された黒岩重吾の2冊の飛田本
相次いで復刊された黒岩重吾の2冊の飛田本

 60年以上前、原因不明の全身マヒに襲われ、4年間の入院生活を終えた黒岩重吾は30代そこそこで界隈にたどりついた。株相場で大失敗して一文無しになり、借金返済のため実家を売り払い、家族に合わせる顔もない。人目を気にしなくてもいい場所として、逃げ込むように西成に住み着いたのだ。昭和32(1957)年のことだ。

 まずは入院中に覚えたカード占いで生計を立てる予定だったなかなかうまくいかない。意外な収入になったのが投稿謝礼だった。黒岩は学生時代から作家を夢見ており、昭和24年には旧満州での体験を書いた「北満病棟記」を週刊朝日の記録文学作品募集に応募し、入選した経験もあった。その後、執筆は滞ってしまったが、苦肉の策でコントや闘病記を投稿したら、そこそこお金になった。

 そこで一泊百円の木賃宿を出て、移ったのが飛田ホテルのモデルとなったアパート。「娼婦やポン引、怪し気なセールスマンが住む」場所だ。

 そして半年後、大阪・堺市の家族のもとに舞い戻った。家族へのメンツも何も捨てて、自分の生きる道としてものを書きたい。それには落ち着いた場所がいる。自伝『生きてきた道』に書いている。

 「直木賞を受賞した時、黒岩重吾は釜ヶ崎の木賃宿で小説を書いたと週刊誌などに書かれたが、まともな小説は一度も書けなかった。釜ヶ崎やその周辺は、住み難い場所ではなかった。だが生活費のための原稿を書いていると、小説を書く気力が湧かない。離れてこそ西成の生態は書けるのである

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ