PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】目先の“ほほ笑み外交”に飛びつく危険…暗黒球団史繰り返すな

Messenger
シートノックの際に足を滑らせてベンチに戻る阪神・糸井嘉男=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
シートノックの際に足を滑らせてベンチに戻る阪神・糸井嘉男=甲子園球場(撮影・山田喜貴)

 糸井の脚部不安で腰が浮いてはいけません。打撃力アップのための緊急トレードは“ご法度”です。阪神の糸井嘉男外野手(37)は5日の甲子園球場での練習中に脚部を故障。12日の中日戦(ナゴヤD)からのチーム合流を延期させる方向ですね。昨季も脚部故障で119試合の出場。年齢的な問題もあって攻守のパフォーマンスに暗雲が立ち込めます。一方で阪神球団には楽天などパ・リーグ複数球団から投手の譲渡を求めるトレードの打診が相次いでいます。打者補強のために投手の放出…。これに動けばまた失敗の歴史を繰り返すハメになりますよ。

腫れ物に触る?糸井の扱い

 やはり…というべきでしょうか。オープン戦に入ったばかりの矢野阪神に暗雲が立ち込めました。今季も右翼・クリーンアップを期待する糸井が5日の甲子園球場での練習中、ノックを受けた際に足を滑らせて故障。病院で診察を受けたもようで、当初予定していた12日の中日戦からの“実戦配備”も遅れる見通しになりました。

 「滑ってやったのがちょっとだけ炎症があるみたい。予定はもちろん名古屋なんですけど、ひょっとしたら名古屋は行けないかも。監督も含めてですけど(糸井)嘉男に任せている。本人が行きたいというなら連れていきます」とは清水ヘッドコーチ。

 下半身のどの部分にどれほどの炎症を起こしたのかは不明ですが、非常に心配な事態です。なぜなら糸井はこれまでチームでただ一人、実戦出場がありません。春季キャンプ中からずっと別メニュー。「シーズンに入って成績を残してくれたらいい」という首脳陣の配慮ですが、いくら何でも“腫れ物に触る”感じの扱いが続いていました。今から考えれば春季キャンプ中から下半身の状態が上がってこなかった…とも推察できます。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ