PR

ニュース プレミアム

【大人の遠足】青森「つがる夢庭」 心和む日本の原風景 

Messenger
東京の料理研究家などが訪れ、つがる夢庭の原風景と食を楽しんだ=青森県つがる市(NPO法人「つがる夢庭志仙会」提供)
東京の料理研究家などが訪れ、つがる夢庭の原風景と食を楽しんだ=青森県つがる市(NPO法人「つがる夢庭志仙会」提供)

 霊峰・岩木山を望み、一面、銀世界が広がる中、ひっそりとたたずむ庭園。どこか懐かしい景色が心を和ませてくれる。その名の通り、夢がいっぱい詰まった庭を初めて訪ねてみた。そこにある日本の原風景に、しばし時を忘れた。

野菜畑1100坪を再利用

 約40年前、荒谷政志さん(70)が親から譲り受けた約1100坪の野菜畑の再利用を思案していた。京都で10年間、庭師として働き、昭和45年の大阪万博でギリシャ館の石組みや日本庭園で木の植栽などを手掛けた経験を生かし、「庭園を通して昔懐かしい風景を再現しようと思った」。NPO法人(特定非営利活動法人)「つがる夢庭志仙会」を立ち上げ、誰でも楽しめる空間づくりのために本格的な庭造りに着手した。

 住民参加型の庭園を拠点に、農家レストラン「ありがとう」、青森ヒバをふんだんに使った「小さな美術館」、茶室「妙心庵」など、積雪の中にもぬくもりが伝わるような木造建物が目を引く。

 農家レストラン(日曜日のみ)では、ヒバの串につぶしたコメを丸めて焼いた「ひばたんぽ」や、もち米、シソの葉、キャベツなどを使った津軽地方の伝統漬物「すしこ漬」といった郷土料理がコーヒー付きで500円で楽しめる。年間約800人が訪れるということで、レストランの収益金はすべて震災復興で福島県社会福祉協議会に寄付している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ