PR

ニュース プレミアム

「零戦」エンジンの希少な取扱説明書を完全復刻 性能めぐる議論決着の糸口に

Messenger

 栄発動機のメンテナンスに当たる整備兵のために編纂されたこの取説では、栄発動機の詳細な構造解説、調整方法、起動手順、試運転方法、トラブルシュート、格納保存方法、専用工具一覧などが詳細に語られており、80年前の日本の最先端技術を垣間見る資料として、このうえなく希少であり、リアルである。

星型エンジン独特の構造が伺い知れるカッタウェイ図面((C)Ei Publishing)
星型エンジン独特の構造が伺い知れるカッタウェイ図面((C)Ei Publishing)

マニュアルでうかがい知る栄発動機の特異性

 太平洋戦争当時、米英軍はあらゆる兵器類の取り扱いや整備などを徹底的にマニュアル化することで、効率化と人的ミスの低減を図っていた。かたや徒弟制度が根強い日本では、この分野では相当に立ち後れていた。ところが栄発動機には、工場から最前線、工員から一兵卒にいたるまで、正しく遅滞なく稼働させるために、このマニュアルが用意されていたのだ。その意味においても、いかに栄が特別なものであったか、いかにこの取説が特異な一冊であるかがわかる。

潤滑油の流通経路を示す断面図。気筒配列の後方に、気化器や過給器、潤滑油ポンプなどの補器類を配置した、星型エンジン特有の構造がよくわかる((C)Ei Publishing)
潤滑油の流通経路を示す断面図。気筒配列の後方に、気化器や過給器、潤滑油ポンプなどの補器類を配置した、星型エンジン特有の構造がよくわかる((C)Ei Publishing)

 零戦や栄の現物がほぼ残っていない今日において、専門家の間ではその性能などに関していまだ議論が沸き起こるが、その結論のための糸口が、この一冊に見出されるかもしれない。

【プロフィール】藤森篤(ふじもり・あつし)

日本大学理工学部航空宇宙工学専修コースで、零戦設計主務者・堀越二郎博士らに学ぶ。30余年間、飛行可能な第二次大戦機の取材撮影をライフワークとする。著書は「零戦五二型・レストアの真実と全記録」(エイ出版社)など。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ