PR

ニュース プレミアム

【萌える日本史講座】存在すら知られず…大阪の市街地に埋もれた200基の古墳群

Messenger
長原高廻り2号墳出土の船形埴輪。当時の船の構造を忠実に表現したとみられ国重要文化財に指定されている=大阪市中央区の大阪歴史博物館
長原高廻り2号墳出土の船形埴輪。当時の船の構造を忠実に表現したとみられ国重要文化財に指定されている=大阪市中央区の大阪歴史博物館

 住宅や町工場がひしめく大阪市平野区。この一帯は約1600年前、古墳の密集地だった。後世の開発で破壊されて今は跡形もなく、昭和49年の地下鉄工事に伴って発掘されるまで存在すら知られていなかった。古墳群発見から今年で45年。これまでに200基以上の古墳が確認され、長原古墳群と呼ばれる。船や武人などをかたどったバラエティーに富んだ埴輪(はにわ)が多いのが特徴で、33点が国重要文化財だ。渡来人も暮らしていたとみられ、大和王権を支えた国際色豊かな地域だったようだ。(小畑三秋)

 鉄骨が突き刺さった墳丘

 49年の最初の調査で見つかったのが塚ノ本1号墳だ。大阪市営地下鉄(現大阪メトロ)谷町線の延伸工事に先だって発掘が行われ、墳丘の一部が出土し古墳群最大の円墳(直径55メートル)と判明した。ただし、墳丘のほとんどが失われ、鉄骨が突き刺さった状態だった。

 この一帯ではその後も近畿自動車道建設や住宅開発などが相次ぎ、そのたびに古墳が発見された。大半が一辺10メートル以下の小さな方墳で、南北2キロ、東西1・5キロの範囲に広がり、5世紀に集中して築かれた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ