PR

ニュース プレミアム

【朝鮮半島を読む】金正恩氏が示す非核化の本気度

Messenger
1月1日、「新年の辞」を発表する金正恩氏(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
1月1日、「新年の辞」を発表する金正恩氏(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 最近、北朝鮮情勢を分析している複数の専門家からよく耳にするのが、「米国から攻撃されないという確証があれば核を手放す」「核を保有するプライオリティー(優先度)が下がった」「経済成長させるために制裁解除は必要だから非核化に乗る」といった北朝鮮の非核化の本気度を示す話だ。

 しかし、日本国内の世論は「北朝鮮はまた嘘つき、こっそり核開発を続ける」「やっと手にした核を捨てるなんてありえない」「核放棄後に崩壊したリビアのカダフィ政権の二の舞を演じるはずがない」と、北朝鮮の非核化に懐疑的だ。

 1970年代後半に始まったとされる北朝鮮の核開発。北西部にある寧辺(ニョンビョン)の核施設がその中心となった。2006年10月から17年9月にかけ、6回の核実験を強行。金日成(キム・イルソン)主席、金正日(キム・ジョンイル)総書記、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と親子3代にわたり、時間と費用をかけて開発してきた核を、北朝鮮は本当に諦めるのだろうか。

■北朝鮮を取り巻く情勢変化

 金委員長の胸三寸次第だろうが、祖父や父の時代よりも北朝鮮を取り巻く国際情勢は厳しくなっている。なによりも、まだ三十代という若き指導者にとって、これから数十年も国を引っ張っていかなければいけない中、どんな選択が賢明といえるだろうか。

 金委員長の非核化に対する姿勢は、今年元日に発表された「新年の辞」(施政方針演説に相当)でより明確に打ち出されている。 金委員長が肉声で直接、「新年の辞」を発表し、「完全な非核化」に言及した。北朝鮮の公式報道で、金委員長が直接、自身の言葉で「完全な非核化」を発したのは今回が初めてという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ