PR

ニュース プレミアム

メディアの信頼度ネットは下げ止まらず、新聞は回復

Messenger

新聞の信頼感がやや上昇基調

 過去1年間での信頼感の変化を聞く質問では、新聞は「高くなった」が4・8%で前年度を0・6ポイント上回り、「低くなった」は0・2ポイント下がって7・7%。下がったとする回答の割合の方が大きかったものの、信頼感の回復傾向が見られた。信頼感上昇の理由では「公正・中立な立場で報道しているから」が26%で昨年度より5・7ポイント上昇したが、「情報が正確」は25・3%と9・3ポイント低下。また、低下の理由では「特定の勢力に偏った報道をしている」が昨年度より5・3ポイント上昇して46・7%、「報道側のモラルの低下」は5・1ポイント増えて18・2%だった。

 一方、インターネットについて信頼感が高くなったとの回答は5・8%で前年調査より2・3ポイント減少し、低くなったも9・0%で6・3ポイントの大幅減、「変わらない」は68・6%から73・1%に増えた。信頼度の50点割れの結果と合わせると、ネットの信頼性はある程度低いと認識した上で、信頼度にはそんなに関心がなく、利便性を重視して使用しているとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ