PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】開幕4番の「ベストアンサー」は…

Messenger
宜野座キャンプの紅白戦で適時2塁打を放つ白組4番の大山悠輔(撮影・松永渉平)
宜野座キャンプの紅白戦で適時2塁打を放つ白組4番の大山悠輔(撮影・松永渉平)

 開幕4番はサード大山!? いずれにせよ和製4番こそチーム&マルテ成功のベストアンサーかもしれません。阪神の沖縄・宜野座春季キャンプは第3クールに突入。第2クールの7日には初の紅白戦が行われ、紅白の4番には中谷と大山が入りました。これは紅白戦ならでは…の打順? いやいや日本人の4番実現こそチームの流れに沿い、ジェフリー・マルテ内野手(27)を日本で成功させるための最善策…と球団の内部からは和製4番待望論が漏れ伝わります。3・29開幕(ヤクルト戦=京セラD大阪)の4番打者は大山悠輔内野手(24)なのかもしれません。

初紅白戦の4番は…

 阪神の1軍が沖縄・宜野座に春季キャンプを移したのが2003年でした。当時、星野仙一監督が「気候が暖かく、投手陣の調整に最適。それに他球団も沖縄でキャンプを張っているところが多く、練習試合などを簡単に組める」と話して高知・安芸タイガータウンから沖縄に移したのです。その初年度に18年ぶりのリーグ優勝を飾り、2年後の05年にも岡田阪神でリーグ優勝しました。沖縄・宜野座はすっかり阪神の春季キャンプ地として定着したわけです。もうあれから17年目…。時が過ぎ去るのは早いものです。

 そして、今年の春季キャンプは早くも9日から第3クールに突入しています。第2クールの最終日の7日には初の紅白戦が行われました。乱打戦の末、10-7で紅軍が勝ちましたが、注目は紅白の4番打者です。紅軍が中谷将大外野手(26)、白軍が大山悠輔内野手(24)でした。中谷は二回表、左翼への本塁打を含む4打数2安打。大山も4打数2安打と負けていませんでしたね。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ