PR

ニュース プレミアム

【ビジネス解読】不祥事続き、GAFAが誕生しない日本の処方箋 渋沢栄一に学ぶ

Messenger
「赤煉瓦(れんが)さん」と親しまれた初代の東京商工会議所ビル=現在の東京都千代田区(東商提供)
「赤煉瓦(れんが)さん」と親しまれた初代の東京商工会議所ビル=現在の東京都千代田区(東商提供)

 経営トップの逮捕や品質管理問題など、日本企業のガバナンスの欠如やモラルを疑う事件や問題が後を絶たない。政府統計の不適切調査や不祥事の隠蔽もそうだし、日本でGAFA(ガーファ)といわれる先進IT企業が誕生しないことを憂う声も強い。こうした中で、日本の「資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一氏(1840~1931年)が脚光を浴びている。没後87年以上、渋沢栄一に学ぶものは何か-。

 ■渋沢の意志受け継ぐ日本企業

 渋沢氏は、中央銀行の役割を担った「第一国立銀行(現・みずほ銀行)」や、女子高等教育の先駆けである「日本女子大学校(現・日本女子大)」の創立に深く関わったことはよく知られている。

 実際には、渋沢氏は金融や海運、鉄道、通信、繊維、製紙、素材、造船、化学、エネルギー、商社、新聞社など約500の企業、証券取引所や業界、経済団体など600の組織、さらに大学の創立に関わっている。東京商工会議所が独自に調べたところ、渋沢氏は生涯に481の企業の設立に関わり、さらに驚くことには、このうちの296社が創業から平均120年を超えて、現代も存続していることが分かった。企業の平均寿命は30年、最近ではもっと短いといわれているから、まさに驚異的だ。

 業界再編による合併や経営統合などで、会社数は185社になったが、「これらの会社の存在そのものが、企業理念の形で渋沢氏の意志を現代につなげている」と、東商の三村明夫会頭(新日鉄住金名誉会長)は語る。昨年、創立140周年を迎えた東商もまた、渋沢氏が明治11(1878)年に創り、自ら初代会頭に就いた前身の東京商法会議所が始まりだ。

 ■4代目東京商工会議所ビル

 少し寄り道になるが、11年前の東商の創立130周年特別企画「写真で見る 東商今昔物語」の資料によれば、東商の前身の東京商法会議所の発祥の地は、「京橋区木挽町10丁目」(現・東京都中央区銀座6丁目)で、「東京商工会議所発祥の地」の記念碑が建立されている。

 日本橋、京橋界隈(かいわい)で引っ越しを繰り返し、明治29(1896)年に馬場先門外の一角、当時「三菱が原」と呼ばれた千代田区丸の内3丁目で東商ビルが着工。3年かけて、「赤煉瓦(れんが)さん」と親しまれたルネサンス式の赤煉瓦ビルが完成した。耐震構造で関東大震災でも損傷はなかったが、昭和20年3月に焼夷(しょうい)弾の直撃を受けて内部を全焼したという。

 4代目になる現在の東商ビルは、創立140周年を記念し、赤煉瓦さんと同じ東京都千代田区丸の内3丁目のお堀沿いに完成。1階には初代会頭である渋沢氏の銅像が飾られ、渋沢氏と東商の歩みを紹介する企画展「受け継がれる渋沢栄一の精神」が3月末までの予定で開催中(日曜祝日は休館)。第21代会頭の三村氏が執務を行う会頭室からは、初代東商ビルと同様、お堀の先に、美しい皇居の緑と馬場先門を望むことができる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ