PR

ニュース プレミアム

米アカデミー賞 「ROMA/ローマ」が“台風の目”である理由

Messenger
アルフォンソ・キュアロン監督はネットフリックス映画「ROMA/ローマ」で少年時代の思い出を忠実に描いた
アルフォンソ・キュアロン監督はネットフリックス映画「ROMA/ローマ」で少年時代の思い出を忠実に描いた

 来月授賞式の第91回米アカデミー賞で“台風の目”になっているのがアルフォンソ・キュアロン監督(57)の「ROMA/ローマ」だ。作品賞など10部門で候補に選ばれ、今回最多だ。だが、この作品が注目される理由はそれだけではない。

カンヌの乱

 「ROMA/ローマ」は、「ゼロ・グラビティ」(13年)のキュアロン監督が、自身の故郷であるメキシコのローマという町を舞台に据えたヒューマンドラマ。全編モノクロの映像で、人種問題や移民問題を念頭に寛容と融和の精神を訴える。

 おそらく同作が最初に注目されたのは、昨年5月のカンヌ国際映画祭。「条件」を満たしていないとして参加を拒まれる騒動になったからだ。

 その条件とは「仏国内での劇場上映」で、昨年導入した。同国は劇場上映作品のインターネット配信を法律で3年間規制しているから、この条件はカンヌに参加するなら向こう3年仏国内でネット配信するなといっているわけだ。

 同作は、その条件をのまなかった。なぜなら同作は、米動画配信大手ネットフリックスが製作したネット配信用の動画コンテンツ(データで提供される作品)だからだ。

 「私たちのサービスの大原則は、世界同時配信。仏だけ3年後に配信するという選択はありえない。仏国内法が変わるのを待つだけです」と説明するのは同社日本支社の広報責任者、中島啓子さんだ。

自由

 同作は、キュアロン監督のほうから同社に企画を持ち込んだ。

 中島さんは「モノクロ映像にスペイン語。舞台もメキシコ市のローマ地区というなじみのない場所で、米映画会社なら興行を不安視して手を出しにくい。しかし、私たちはそれらをすべて飲み込みました」と説明する。

 言い方を変えれば同社は、会員ビジネスを展開するうえで、「映像の魔術師」と呼ばれるキュアロン監督の作品は、会員獲得の目玉コンテンツになると判断した。

 かくして同社は製作費を負担し、キュアロン監督は監督、脚本、撮影、編集、プロデュースと一人五役をこなしながら「制約がないのは楽しい」と喜々として取り組み、同作は映画館で上映する映画ではなく、動画配信サービス「ネットフリックス」にラインアップされるコンテンツとして完成した。

流れは変わる

 カンヌでは門前払いされた同作だが、昨年9月、ベネチア国際映画祭では世界初上映を果たし、最高賞の「金獅子賞」まで獲得した。映画会社ではなく配信事業者が作った動画コンテンツが、三大映画祭の一つを初めて制した。

 中島さんによれば、「これで、アカデミー賞レースへの参加は一気に現実味を帯びた」。今月6日(日本時間)の米ゴールデン・グローブ賞では作品賞を「ボヘミアン・ラプソディ」に譲ったが、中島さんは「同賞の作品賞は英語作品が対象。外国語映画賞と監督賞で大変満足しています」と余裕すら見せる。

 そして22日(同)、アカデミー賞は、同作を10の部門で授賞候補に選んだと発表した。

 「高品質の作品を提供できれば、製作者が既存の映画会社か否かにかかわらず、世の中の評価は揺るがないものだ、との思いを改めて強くしました」と中島さん。

 アカデミー賞の授賞式は2月25日(同)。中島さんは、同作がアカデミー作品賞を制すれば映画業界の流れは一気に変わるとみている。

 「動画配信事業者の存在感はグンと高まり、キュアロン監督のように自由に映画を撮りたい映画監督が私たちとの製作を望むようになり、映画祭の主催者も私たち作品を出品したいと考えるようになるでしょう」(文化部 高橋天地)

 同作は、昨年12月14日からネットフリックスで独占配信中だ。日本での映画館上映は未定。

 ネットフリックス Netflix。190カ国以上1億3900万人の課金会員が利用する世界最大級の動画配信サービス。1997年、設立。動画視聴には、インターネットに接続したテレビ、パソコン、スマートフォンなどが必要。今年は、ボブ・ディラン(77)の1975年公演のオリジナル実録動画を配信予定。「タクシー・ドライバー」(76年)や「ラスト・ワルツ」(78年)など音楽映画でも知られる米国のマーティン・スコセッシ監督(76)の作品。

 「ROMA/ローマ」 1970年代前半のメキシコ市のローマ地区を舞台に、若い家政婦と住み込み先の白人の家族との絆を情感たっぷりに描くヒューマンドラマ。地元の俳優陣を起用。主人公は、幼少時のアルフォンソ・キュアロン監督を育てた実在の家政婦がモデルとされる。

 アルフォンソ・キュアロン Alfonso Cuaron。1961年11月28日、メキシコ生まれ。主な監督作に、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004年)、「ゼロ・グラビティ」(13年)など。後者は米アカデミー賞で監督賞など最多7部門を受賞。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ