PR

ニュース プレミアム

【政界徒然草】「首相まんじゅう」から読み解く平成政治史

政治家シリーズの元祖「純ちゃんの好景気まんじゅう」
政治家シリーズの元祖「純ちゃんの好景気まんじゅう」
その他の写真を見る(1/4枚)

 国会に見学や陳情に訪れる人たちが議員会館で買い求める定番土産のひとつが、表紙に首相や有力政治家をモチーフとした似顔絵を描いた菓子だ。小泉純一郎元首相(77)の「純ちゃんまんじゅう」が草分けで、現職の安倍晋三首相(64)のほか、過去には佐藤ゆかり総務副大臣(57)版も発売された。歴代の「顔」を読み解くと、平成の日本政治史がみえてくる。

平成最後の商品を準備

 政治家シリーズを主に手がけてきた菓子土産会社「大藤」(東京都荒川区)は、平成最後となる31年の商品を準備中だ。天皇陛下の譲位と皇太子さまの新天皇即位に伴う5月1日の改元を意識して、名前は「ありがとう平成 晋ちゃんせんべい」とし、表紙に安倍首相が白紙の額縁を手にするデザインを検討している。「平成」を発表した小渕恵三官房長官(当時)の姿を念頭に置いたものだ。

 表紙の原案には、国会議事堂や富士山、東京・浅草の「雷門」があしらわれ、麻生太郎副総理兼財務相(78)や菅義偉(すが・よしひで)官房長官(70)、自民党の小泉進次郎厚生労働部会長(37)やロボットスーツをまとい「イシダム」にふんした石破茂元幹事長(61)の姿がちりばめられている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ