PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】「今盛り上がっている、それこそがバンクシーの思うところ」

 「使い捨てプラスチック、これはストローに始まり、ありとあらゆる物に便利に使われていることは事実であります。それだけに、その便利さを代替するものが何なのかというのを探すのは、そう簡単ではないかとは思いますが、これをきっかけにして、既に、ストローの分野でも紙ストローの、イノベーションというか、そういった形でも進んでおりますし、どこまで、どういう形で進めていくのか、まさしく、パブコメの結果なども踏まえて、しっかりとした中間取りまとめにしていきたいと思っております」

 「条例にするかどうかも含めて、どこまでを対象にするかというのは、とても大きな課題だと思います。それから、どのようなリサイクルの、もう既にでき上がった形はありますが、それをどのようにして、さらに新しい製品にしていくかの技術であるとか、そもそも使わないという、そのためのPRといいましょうか、意識改革であるとか、これはいつも環境問題のみならず、私は心・技・体と申し上げておりますけれども、その固まりが、今回のプラスチックに対しての対応ではないかと思っております」

 「今回、パリで行いました風呂敷展も、基本的には、代替としてこういったものがありますよというエコの発信でもありますし、いろいろな形での消費者、生活者と連携しながら、また、製造の方の両方からこの連携が取れればと思っております。大変大きな課題ではありますが、日本から出ていく、海の中に流れ出ていくプラスチックの量などは、極めて大きいものがございます。これだけリサイクルの循環型社会が定着している日本であっても、なかなか課題は大きいものだと思いますが、ぜひ、これだけの人口規模を抱え、大きな経済活動が行われている東京でございますので、いろいろチャレンジはしていきたいと思っております。条例化するかどうかなどは、これからの流れを見ていきたいと思っております」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ