PR

ニュース プレミアム

【竹島を考える】レーダー照射、常軌逸した反論…韓国の異なる思考回路

韓国側はレーダー照射を「北朝鮮の遭難船を見つけるため」としたが、海上自衛隊P1哨戒機が撮影した映像を見ると、韓国艦(右上)と遭難船とみられる小型船2隻とは目視可能な距離にある(防衛省提供)
韓国側はレーダー照射を「北朝鮮の遭難船を見つけるため」としたが、海上自衛隊P1哨戒機が撮影した映像を見ると、韓国艦(右上)と遭難船とみられる小型船2隻とは目視可能な距離にある(防衛省提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 昨年暮れから続く韓国海軍の「火器管制レーダー照射事件」は、新年を迎えても解決の兆しが見えない。日本政府の抗議に、韓国政府が見せた反応は、日本人を驚愕(きょうがく)させるものだった。防衛省が公表した映像を使い、みずからの正当性を主張する論拠とするなど、常軌を逸した行動に出たからだ。(下條正男・拓殖大教授)

多くの日本人を驚かせた韓国側の説明

 これは韓国の思考回路が、日本とは異なっていると見なければならない。今回の一件は、日本側関係者に事情が詳しい人材が多かったため、的確な対応が可能であった。これまでの日本には見られない機動力が発揮され、韓国政府も困惑したのであろう。韓国のマスコミも「日本の軍国主義的膨張の本性」、安倍晋三首相が「低下した国内支持率を回復するため」などと、的外れの反応しかできなかった。

 だが、これが竹島問題や尖閣問題、北方領土問題であればどうだっただろうか。竹島や尖閣、北方領土問題の現場では、韓国や中国、ロシアによる異なる思考回路を経た対応や発言がなされている。残念なことに、日本政府は今回の火器管制レーダー照射事件のように機動力を発揮できなかった。

 日本には、その異なる思考回路を解析する体制が整っていないからだ。準備不足の状態で対処すれば足元を見られ、相手側を増長させるだけである。火器管制レーダー照射事件の発生も、その根底に蓄積された韓国側の反日感情があることは無視できない。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ