PR

ニュース プレミアム

NGT48騒動泥沼化 SNS活発化で運営は管理困難に

暴行被害にあった山口真帆さんはNGT48の初期メンバーとして、アイドル活動を続けてきた
暴行被害にあった山口真帆さんはNGT48の初期メンバーとして、アイドル活動を続けてきた

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆(まほ)さん(23)への暴行事件は、山口さんが会員制交流サイト(SNS)で被害を訴えたことから明らかになった。事件は一部メンバーの関与が取り沙汰されたことで強い関心を集め、アイドル運営会社の対応のまずさも相まって、事態は泥沼化している。専門家は「アイドル個人が情報発信できるようになり、運営が管理できる時代は終わった」と話す。

 昨年12月8日、山口さんの自宅に男2人が押しかけ、暴行容疑で翌9日朝に新潟県警に逮捕された。2人は同月28日に不起訴処分になり、釈放された。

 埋もれるはずだった事件は今月8日夜、動画配信サイトで山口さんが涙ながらに「運営は何もしてくれない」と被害を訴えたことで発覚した。続いて山口さんはツイッターに、犯行に他のメンバーが関与していたと書き込んだ。

 インターネット上では“犯人捜し”が始まり、翌10日の公演で山口さんは「お騒がせしてすみませんでした」と謝罪。一方、犯行に関与したとネット上で名指しされたメンバー数人が「事件とは無関係」などとツイートして、物議を醸した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ