PR

ニュース プレミアム

【政治デスクノート】歴史家・磯田道史さんから学ぶ日本の針路とは

Messenger

 磯田さんいわく、今の時代は「狩りから農耕、農耕から工業から始まるのと同じほどの変化の入り口にいる」。日本が工業化を本格的に経験してからでも100年ほど、つまり世代にして5世代ぐらいしか経験していない。もっと言えば、多くの人が農業社会から飛び出たのは1960年代からであり、3世代しか経験していない、と。

 その状況でAI時代が到来した。労働環境が変わり、車の自動運転は実用化されつつある。分からないことはスマートフォンに話しかければ、ほとんどのことは教えてくれる。「ホモサピエンス(現生人類)が初めて直面する事態」で、だからこそ「今の子供の教育はこれまでと同じようにしていたら、たぶんダメなんですよね」という。磯田さんが続けた。

 「今の教育は基本的に国民として標準的にこれぐらい知っていれば食っていけるというものを教え、物覚えのよい人間は受験戦争という有利な競争に勝ち、いい学校を出ると終身雇用で稼ぎのいい職に就く。これは強くなる国とか豊かになる国の時代の制度です」

AI時代の人間

 そして時代は変わった。

 「このままだとまずいですね。タイムカードを押して会社に所属して終身雇用されるような壊れかけの制度のままの人間を作ることをやっていたら、大変なことになる」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ