PR

ニュース プレミアム

【原坂一郎の子育て相談】片付けができない小1の長女

Messenger
写真はイメージ
写真はイメージ

相談

 小学1年生の長女が片付けができず困っています。リビングには学校からのプリント、教科書やノート、文房具などが無数に散らばり、趣味の読書や工作で使った数々のものがそれに加わります。あえて部屋は与えず、リビングで学習させ、教科書やランドセルの置き場も工夫したつもりですが、何度注意しても改まらず、リビングは散らかり放題。ランドセルや学校の机の中はきれいなのが救いです。何か良い方法はありませんか。

回答

 実は私も整理下手で困っています。事務机はもちろん、講演先でも控室に案内されるとほんの数分で、振り向けば机の上が散らかっています。整理や片付けの本は無数に読みましたが効果はなく、読んだ後その本が散らかる原因となるほどです。

 原因を私なりに分析した結果、問題はしつけではなく、本人の性格だとわかりました。読みたい、書きたいなどの目的を達成するとそこで満足し、その後のことは考えない、という悪い癖があるのです。例えば絵を描きたければ紙やペンはしっかり準備するが、描いたら満足してそこで完結、というわけです。

 娘さんと同じく、家族に注意されても一向に改まりません。でも、娘さんの学校の机の中と同様、私も人と場を共有するところではきれいにでき、保育士時代も片付け下手で困ることはありませんでした。娘さんも心身がリラックスできる場所でのみ、その癖が出るのでは?

 今、あなたがイライラするのは、散らかされる部屋がリビングだからでしょう。思い切って自分の部屋を与えると、少なくともイライラは半減しますよ。今は、指導しながらも娘さんのその性格がよそで出なければよしとしましょう。(原坂一郎=こどもコンサルタント)

原坂一郎 23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演を行なう。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ