PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】闇に葬られた「桜会」の謀略 中堅将校に過激思想がみなぎった

Messenger
画=筑紫直弘
画=筑紫直弘

第88回 昭和恐慌と三月事件

 激動の昭和初期、昭和天皇を精神的に支えたのが、家族とのふれ合いだったことはすでに書いた。

 昭和4年9月30日、香淳皇后は第3皇女の孝宮(たかのみや)和子内親王を出産。6年3月7日には第4皇女の順宮(よりのみや)厚子内親王を出産する。内外ともに、日に日に社会情勢が悪化していた頃だ。昭和天皇は新しい命の誕生を、心の励みにしたことだろう。

× × ×

 昭和5年から6年にかけ、日本は不況のどん底にあった。最大の原因は、政府が5年1月に断行した金解禁(※1)である。日本経済はそれまで、為替相場の乱高下に翻弄されており、金解禁による金本位制への復帰を望む声が強かったのは確かだ。しかし、タイミングがあまりに悪すぎた。

 前年10月にニューヨークの株式市場が暴落し、やがて大恐慌の波が世界中を覆う。その中での金解禁は「嵐の中で雨戸を開ける」ようなものだとされ、たちまち金と正貨(本位貨幣)が海外に流出。激しいデフレにより経済は萎縮し、中小企業の倒産、失業者の増大、賃金カットや不払いなど、危機的状態に陥った。

 日本史上最悪といわれる、昭和恐慌である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ