PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】凶弾に倒れたライオン宰相 尊皇の道こそ「男子の本懐」

Messenger
画=筑紫直弘
画=筑紫直弘

第87回 首相遭難

 昭和5年10月2日、ロンドン海軍軍縮条約は、統帥権干犯問題や海軍の内部対立に揺さぶられながらも、政府案通りに批准された。

 だが、それで混乱が収まったわけではない。

 11月14日午前8時58分、朝のラッシュが静まりかけた東京駅の第4ホーム、岡山県に向かう首相の浜口雄幸が秘書官らを連れて列車に乗り込もうとしたとき、乾いた破裂音が響いた。

 一瞬の出来事である。随行の秘書官らは、顔面蒼白(そうはく)の浜口が腹部を押さえてしゃがみ込むのを見て、何が起きたのかを知った。至近距離から浜口を狙撃したのは21歳の右翼団体構成員。「神聖なる統帥権を干犯したから撃った」などと供述したが、統帥権の意味をよく理解していなかったとされる。

 浜口は東京帝大病院で手術を受け、一命はとりとめたものの長期の入院治療が必要だった。このため野党の政友会が倒閣に動き、翌年1月の議会で臨時首相代理の幣原喜重郎を激しく攻撃する。軍縮条約を乗り越えたばかりの政局は、再び波乱含みとなった。

× × ×

 眼光鋭い風貌と頑固一徹な仕事ぶりから「ライオン宰相」と呼ばれた浜口は、元老の西園寺公望をはじめ誰もが認める尊皇家だった。猛勉強の末に東京帝大法科を3番目の成績で卒業し、大蔵省に入省。上司と衝突して地方に左遷され、なかなか中央に戻れなかったが、与えられた仕事は決しておろそかにしなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ