PR

ニュース プレミアム

【eco最前線】飲料水の安定供給へ途上国で浄水事業 ヤマハ発動機・西嶋良介氏

Messenger
ヤマハ発動機 海外市場開拓事業部企画推進部クリーンウォータープロジェクトグループの西嶋良介グループリーダー
ヤマハ発動機 海外市場開拓事業部企画推進部クリーンウォータープロジェクトグループの西嶋良介グループリーダー

 ヤマハ発動機は「安心で、きれいな水を世界の人々へ」をテーマに、飲料水不足で苦しむアジア、アフリカで水資源の確保と飲料水を安定的に供給する浄水事業を展開している。自然の力を利用する技術による小型浄水装置を設置する事業で、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に通じる取り組みだ。海外市場開拓事業部企画推進部クリーンウォータープロジェクトグループの西嶋良介グループリーダーは「設置して終わりでなく、中長期的に社会にどう効果をもたらしていけるか評価していきたい」と、プロジェクトのその先の姿も見据える。

 ■共同体で維持可能な装置

 --活動のきっかけは

 「当社は1974年にインドネシアで二輪車生産工場を立ち上げ、現在、年300万台を超える当社最大の生産拠点に成長した。ところが、80年代に現地駐在員の家族から『水道の水が茶色くて困る』との苦情が寄せられた。これを受け、家庭用浄水器の開発に乗り出し、91年に販売開始した。ただ、低所得層が多く浄水器すら買えない農村部の方が安全な水へのニーズは圧倒的に高い。そこで『コミュニティーに浄水機を提供する』目的で90年代半ばに浄水装置開発に踏み切った」

 --開発で重視したのは

 「低いランニングコスト、容易なメンテナンス、地元の共同体で運営可能という3点を掲げた。当社の拠点も技術者もいない農村部だけに、特殊な技術も要らずに維持、活用できることを念頭に置いた。さらに、住民で組織する『水委員会』が運営する自治モデルを取り入れ、水は無料でなく有料でメンテナンス費用に積み立てるプログラムを組んだ」

 --技術的な特徴は

 「機械を使わない自然の力での浄水を目指し、『緩速濾過(ろか)』の技術を用いた。山に降った雨が地中で微生物などで浄化され、麓できれいな水がわき出るとイメージしてもらえばいい。古くから世界で用いられてきた技術で、『ヤマハクリーンウォーターシステム』としてパッケージに凝縮した。供給量で1日8000リットル(約800~1200人分)、2500リットルの2機種がある」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ