PR

ニュース プレミアム

群馬・伊香保温泉石段に巨大ペヤング登場 カップルらもびっくり

Messenger

 カップルで写真撮影していた茨城県つくば市の大学院生、勝俣潤哉さん(24)は「伊香保温泉は初めて。ネットで温泉を探していたらペヤング祭りをしていると知って面白そうなので来た」と話した。

 意外と思われるかもしれないが、ペヤングのネーミングは、「ペア」と「ヤング」を組み合わせたもの。恋愛成就のパワースポットである石段奥の伊香保神社との愛称も抜群だ。

 「ペヤング絵馬所」や、ペヤングのパッケージを模した「ゴンドラペヤング」なども登場し、伊香保温泉はペヤング一色に染まっている。

 観光協会の大森隆博会長は「『話題性のある温泉地』としてアピールし、若者やインバウンド(訪日観光客)を増やしていくため、SNS(会員制交流サイト)映えするイベントにした。フォトスポットを用意して情報の拡散を期待する。12月3日に祭りが始ってから約2週間経って、訪れた観光客は1割程度増えている」と話し、今後に期待する。

 期間中は共同浴場の露天風呂を時間制で混浴(水着着用)にしてカップルで温泉を楽しむイベントもある。混浴温泉用に、ペヤング柄の水着やフェイスタオルなどレアアイテムも販売している。3月31日まで。(橋爪一彦)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ