PR

ニュース プレミアム

とにかく早い2019年プロ野球順位予想

Messenger

 年が明けると、まもなく球春到来。プロ野球開幕まで待ちきれないファンもいることだろう。そんなファンの方々に侃々諤々(かんかんがくがく)していただければと、今年も新年から“とにかく早い順位予想”をお届けする。12球団の各キーマンになるであろう選手に着目しつつ、勝手気ままに今季のセ、パ順位を大胆予想してみた。(プロ野球取材班)

 ■セは広島、巨人が軸

 セ・リーグでやはり総合力で秀でるのは広島だろう。リーグ4連覇への最大のポイントは、フリーエージェント(FA)権を行使して巨人に移籍した丸佳浩外野手の穴埋めだ。不動の「3番・センター」で3連覇に貢献し、2年連続でリーグ最優秀選手に輝いた強打者の後継はだれか。

 守備でいえば、その筆頭は野間峻祥(たかよし)外野手か。2015年ドラフト1位(中部学院大)で入団した走攻守の三拍子そろった左打者は、昨季に初めて規定打席に到達。4月に丸が負傷離脱した際は代役を務めるなどブレークを果たした。今季のキーマンとなることに違いない。

 外野手転向に挑戦する西川龍馬や外国人選手らの起用も考えられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ